HighAge注目

超高齢化社会に向けて用意される有料老人ホーム

[PR]

【PR】
有料老人ホームはここ!
満足度が違います!

種類が分けられる

婦人と老人男性

有料といってもいろいろある

最近では有料老人ホームの増加で、高齢者が安心して入居できる施設が増えてきています。
しかし、増加していることは良いことなのですが、種類も多いので一体どんなところを選べば良いのか分からなくなってしまいます。

区別を認識しよう

介護を請け負う介護施設には大別して二種類になります。公共型の施設と民間運営のものに分かれますが、その中でも自立型の人を対象にするところもあるのです。
・自立型
公共…軽費老人ホーム、ケアハウス
民間…高齢者住宅、健康型有料老人ホーム
などのように分かれてきます。

要介護の方向けの介護施設

介護が必要な方に向けてサービスが展開されているものを説明していきます。

・公共型
特別養護老人ホーム…要介護度3以上の方が入居できる施設で、重度の認知症と認定された人も入居可能です。

・民間型
介護付き有料老人ホーム…要介護の方を1から5まで受け入れることができる施設。要支援の方も入居できる混合型施設もあります。

他の民間型の施設

他の民間型の施設もありますので、介護の度合によって選びましょう。
例えば住宅型有料老人ホームなら、自立型の人も要介護の方も入居することができる施設となっています。介護はどうなっているのかというと、ここでは訪問介護などのサービスを契約する流れになります。
グループホームでは、認知症高齢者が入居することができますが、重介護のサービスに関しては契約することができません。

状況と相談して決める

公共型の特別養護老人ホームの方がお金がかからないので希望する人も多いのですが、多いだけに長い期間待つことがあります。
病状が進むと家族に介護の負担がかかりますので、民間型の有料老人ホームも広く検討するようにしましょう。
このとき、選び方のコツもありますので、それを把握しておけば上手に選ぶことができます。

安心できる場所を選ぶために必要な知識

部屋

費用の内訳を調査

介護を任せて住居も確保するのですから、老人ホームを利用するにはお金が必要になってきます。その費用の内訳を知ることで、どこの介護施設にするのか検討しやすくなります。介護保険が適用する範囲も知っておくと安心でしょう。

READ MORE
介護

どんな人が入居できるの

自立型と認定された人に対しても入居できる有料老人ホームがあります。施設によって受け入れられる人とそうではない方がいるので、介護を受けたい人はまず要介護認定を受ける手続きを市区町村で行ないましょう。

READ MORE
男女

安心して介護を任せたい

有料老人ホームを探す際に一番大事にしたいのが、「ここで快適に過ごせるかどうか」ですよね。それを知るためのチェックポイントがいくつかあります。スタッフの育成や、経営基盤がしっかりしているかなどを調べましょう。

READ MORE
介護

介護付きの施設

どんなサービスが期待できるのか、介護付きの有料老人ホームを例にとってみていきましょう。費用に関しても民間の介護付き有料老人ホームだとグレードを選ぶことができますので、予算に見合った利用をすることが可能です。

READ MORE
広告募集中